Now Loading...
自分を知る人
2019.7.29

「私ね。一緒にいる時は私のことを見ていて欲しいの。

そうじゃないと寂しくなるから。」

 

オトコの前で喉から手が出るほど言いたかったその言葉を呑み込むオンナ。

 

それが5年前の私でした。

 

 

寂しくてたまらないのに

その言葉を呑み込んだあと

口をついて出てくるのはこんな言葉。

 

「いいよ。全然心配しなくて。

忙しいんだし。自分のことに専念して。」

 

 

心からそう思っていたの?と問われたら

 

「NO」でした。

 

 

でもあの頃は、自分のことは二の次にして、相手のことを思いやれることこそが、

いいオンナのマストな資質だと思っていたのです。

 

とにかく、我が侭ではいけないと自分に言い聞かせていた。

 

(…我が侭なくせに。)

 

相手より自分ファーストなんて、もってのほかと思っていた。

 

(…自分ファーストが大好きなくせに。)

 

 

そんなことを積み重ねてできた、思い込み。

 

 

でも。

 

本当の自分は

我が侭で、自分ファーストをやりたくて、とても強欲だったのです。

 

 

(そんな自分であってはいけない)と勝手に思い込んで、勝手にストイックになって。

 

いつも何かを我慢していた。

 

 

そんなオンナだった私が。5年前。

 

その我慢から自分を解き放つと決めたんです。

 

「自分を知る旅」を始めたのです。

 

 

 

本当は我が侭だったんだ。

 

本当は自分最優先で生きたかったんだ。

 

本当は寂しがりだったんだ。

 

本当はいつも見ていてほしかったんだ。

 

本当は子供のような心のままでいたかったんだ。

 

本当は無理をしていただけだったんだ。

 

 

 

どんどん見えてくる、本当の自分。

 

それに気づいて、受けいれて、許すたびに、私は本来の自分を

思い出していきました。

 

 

それをきっかけに、人生がどんどん変化し始めたのです。

 

 

***

 

 

もっともっと自分であれ!

 

自分らしくあれ!!

 

 

やりたくないことをやっている場合じゃない。

 

自分の願いがわからないなんて言ってる場合じゃない。

 

 

あなたなら必ず思い出せる。

 

本当のあながた何を願い何をしたくて生まれてきたのかを。

 

 

***

 

 

 

もしもあなたが、愛する人に愛されたいのなら、ぜひやってみて欲しいことがあります。

 

 

我慢していたことをやめること。

 

自分の欲を認めること。

 

自分の全てを受け容れ肯定することを、自分に許すこと。

 

 

 

そこから始まる「自分を知る旅」。

 

 

その旅を続けるほどに、かつてないほどに優しく熱い愛を知っていくことになるから。

 

 

 

ミコ

お問い合わせ

メディアの出演/掲載依頼など、各種お問い合わせはこちらから



コンセプト