このサイトについて | 鳥居ミコオフィシャルサイト
Now Loading...
このサイトについて
ハイヤーセルフ・メッセンジャー
あなたが魂の願いを思い出した時、

エネルギーが通り、人生の透明度が上がり、
本当の自分を生きられるようになる。
心を浄化し、自由に。

本来の軽やかなエネルギーを取り戻すため、
体験という宝物を時空を超えて捉え直す。

過去・現在・未来を俯瞰しながら、
滞りを見つけてクリアにする。

全ての答えはあなたの中にある。

私が大切にしていることは、主に3つです。

 

まず、

「自分に嘘をつかないこと」。

 

長い間、感情に蓋をして言いたいことを我慢して自分を目立たなくさせて、「いい人」や「強い人」や「ダメな人」のフリをしていた私。気づいた時には自分のことを大嫌いになっていました。
もっと自分に正直に生きていいんだ!と気づいてからの私は、小さな心の動きを疎かにせず、心や身体に正直に生きることを心がけました。すると、いつも自分のことを信じていられるようになったのです。

 

次に、

「自由であること」

 

本来人は自由。でも、大人になる過程で、心の中に制限や縛りを創ってしまう。ただそれは、自分で創った制限や縛りだから、自分で解いていくことができるんだ。
それに気づいて、丁寧に制限や縛りを解いてきました。「いつもの自分がやらないほうをやってみる」という著書はその実録です。
それを続けた結果、心の囚われから解き放たれるほどに自由に生きられるということを確信しました。
そうなってから、毎日が純粋な喜びや楽しさで満ちています。

 

そして最後に、

「自ら体験すること」

 

子供の頃から、自分の目で見て耳で聞いて手で触れて、確かめることを大事にしています。「人の話や本に書かれていることを鵜呑みにしない」という選択をしてきました。
なぜそうするようになったかは解らないけれど、それで本当に良かったと思っています。
他の誰でもない自分の体験・感覚を大切にすることで、私らしい人生を生きている。その喜びは広く深くかけがえのないものだから。

人間関係において大切にしていることは、毎瞬生まれ変わったようなまっさらな気持ちで人と向き合うこと。
私自身、常に変化し続けているし、誰しも変化し続けている。
それを前提に、過去の記憶を基準にするのではなく、「今」を基準に向き合う方が、「本質的な部分」で人と向き合うことができるんです。
いつも、性別、年齢、肩書き、その他様々な「外側のもの」から離れて、ありのままの自分で、ありのままの目の前の人と向き合うことを大切にしています。

ビジネスにおいて大切にしていることは。

 

まず、

「提供するサービスがオーセンティックであること」

 

心理セラピストとしてであれ、弁護士としてであれ、お客さまに対して、真実だと思うこと。裏付けのあること。確信を持てることをお伝えすることを、とりわけ大切にしています。
時には耳の痛くなることも言うかもしれません。
でも、私はお客さまの素晴らしさや幸せにしかならないことを信じています。だから、大切なことはきちんとお伝えすると決めています。

 

次に、

「丁寧でわかりやすいこと」

 

わからないことをそのままにしない。
お客さまそれぞれにとっての最善の形で、伝えたいことを具体化する。
アドバイスさせていただくことは、個別具体的で実践しやすいものとする。
そして、コミュニケーションを丁寧に重ねる。
それを大切にしています。

 

最後に、

「お客様を信頼すること」

 

どんなに苦しんでいても、どんなに悩んでいても、そこから解き放たれた時、人は、最高に美しい笑顔になる。元々、お客様ご自身の持つ力は素晴らしい。
お客様は、私のサービスを受けると決めてくださった時点で、既に、必要なことを受け取ってくださる準備はできていらっしゃる。
ですから、いつも、お客様ご自身が、自由に心地よく必要なことを受け取れるようなあり方でいようと心がけています。

miko STORY

弁護士になった私は「あるべき弁護士像」を追いかけていましたが、ある時、家族の問題をきっかけに、自分に絶望しました。

それを機に、生まれて初めて自分ととことん向き合い始めたのです。以来、自分に嘘をつかないで生きることを探究しました。自分を好きになり、自分を幸せにするという決意とともに。

その結果、仕事、人間関係、恋愛、お金の流れが次々と好転し、幸せな日々を送れるようになったんです。

私は確信しました。自分に嘘をつかないで生きると決めると、自分を自由にすることができる。自分を信じることができる。人も世界も信じることができる。

その信頼度が上がるほどに、他力の後押しも受けられるようになる。そのおかげで、かけがえのない今に。そして全ての出会いに感謝して生きることができるのだということを。

 

職業に自分を合わせるのではなく、自分らしく幸せに生きることを最優先にすること。それは、想像を超える深い喜びでした。

そのような体験ができたおかげで、過去の苦しかった出来事に感謝できるようになり、それらがなぜ起きたのかが腑に落ちたんです。

 

そして、私自身が人生における「願い」を設定していたことに気づきました。

誰もが今生の「願い」を設定している。それを体験するために、すべての出来事が起きているのです。それを紐解いていきながら、人生という「自分を知る旅」を楽しく豊かに続けられるようになると、生きる歓びは何倍にも膨らむんです。

お問い合わせ

メディアの出演/掲載依頼など、各種お問い合わせはこちらから



コンセプト